2018年1月13日土曜日

イベント情報 MSB Technology REFERENCE DACを期間限定展示しています!

東京インターナショナルオーディオショウ2017でも話題となりました、MSB Technologyの新製品REFERENCE DACを期間限定展示いたします!!

※展示期間:1/12(金)から1/22(月)まで。日程は前後する場合がありますので、ご試聴の際はお手数ですがご予約をお願いいたします。

■MSB Technology REFERENCE DAC
 定価:5,400,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介ページはこちらから

▼最高モデルSELECT DAC直系の極太アナログサウンドで、
床から伝わってくる振動がまさにレコード再生でしか得られない
”あの響き感”、”あの重低音”なのです。それがCD再生やネットワーク
再生でも楽しめるのですから、本当に夢のようなDACです。

MSBはプリアンプを通さない、パワーアンプへの”ダイレクト接続”を
推奨しているだけあり、その接続でもクリアかつ厚みのある音質で
楽しめました。そのためプリアンプとしてより使い勝手が良くなるように
RCA/XLRアナログ入力用スロットも現在開発中との事です。

▼今回のデモ機は、クロックを標準仕様の物から、SELECT DACの標準仕様
Femto77にグレードアップしています。クロック入力はなく、
トランスポートに送るためのクロック出力のみ搭載しています。
それほど自社のクロックにこだわりと絶対の自信を持っています。

▼デジタル入力は注文時に一つお好きな物をOptical&Coax、
AES/EBU、I2S、USB(要差額)、LAN(要差額・開発中)から
選択できます。あとはオプションで3つまで追加できます。

「いまレコードが鳴ってます」と言っても誰も疑いもしない、そんな錯覚を起こすほどの強烈なアナログ・サウンドです。しかも超高解像度でワイドレンジ、イキイキとしていて鮮度感も抜群です。さすがはMSBです。どうすればこんなにも凄いDACを作れるのか、と感心してしまいます。

SELECT DACと比較すると、SELECT DACの方が温度感が高く濃厚で、超人的にパワフルな音質ですが、SELECT DACを彷彿とさせる厚みと、透明で開放感のある質感を両立した、ニュートラルでバランスの良いサウンドがREFERENCE DACの魅力です。

MSB Technology REFERENCE DACのご試聴・ご購入は、お気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

[ 製品の仕様 ]

[ 標準構成 ]
■4系統入力スロット装備。内、指定デジタル入力1系統付き*
*[ Optical&Coax S/PDIF ] [ AES/EBU ] [ Dual ProI2S ] の内1系統を指定。
 [Quad DSD&MQA USB]、[Audio Renderer]指定の場合は差額が生じます。
■Base Output Module(ボリューム付アナログ出力装備)
  ※XLRまたはRCAのいずれかを選択。
■Femto 140 clock搭載
■Dual Powerbase付
■MSBアルミリモコン付属
■標準カラー: Silver or Black

[ オプション ]
Two Mono Powerbases (標準Dual Powerbaseからのアップグレード ※注文時) 2,000,000円
※後でアップグレードする場合 2,600,000円
Femto 77 (標準Femto 140からのアップグレード ※注文時) 700,000円
Femto 33 (標準Femto 140からのアップグレード ※注文時) 2,060,000円
Optical&Coax S/PDIFデジタル入力 180,000円
AES/EBU デジタル入力 180,000円
Dual Pro I2S デジタル入力  180,000円
Quad DSD&MQA USBデジタル入力 290,000円
Audio Renderer(LAN)デジタル入力 ※開発中・価格未定
RCA/XLR アナログ入力 ※開発中・価格未定

入力: 4系統(A~D)のスロットに同軸/光、AES/EBU、PRO I2S(2系統)、
    Quad Rate & MQA USB、レンダラーLAN入力などのデジタルと、
    RCA/XLRアナログ入力を装備可能。
   (レンダラーLAN、RCA/XLRアナログ入力は開発中)
許容デジタル入力:
[PCM] 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192, 352.8, 384 (kHz)
    [全デジタル入力/24ビット,PRO I2S/32ビット]
[DSD] 2.8MHz(64x), 5.6MHz(128x)
    [全デジタル入力MSB接続時/DoP及びASIO Native]
   11.2MHz(256x) [USB;ASIO Native]
アナログ出力レベル: 3.3V rms (XLR), 1.65V rms (RCA) ※0dBポジション
出力インピーダンス: 150Ω(Balanced)
ボリュームコントロール: 0~106 (ステップ:1dB)
アナログXLR出力極性: Pin 1 = Ground, Pin 2 = Hot, Pin 3 = cold
電源: 100V AC, 50/60Hz
消費電力: 60W, 1W以下(スタンバイ時)
外形寸法: 本体,電源各444W x 73H(スパイク装着時) x 444D (mm)
重量: 本体12.5kg,電源18.5kg
付属: MSBアルミリモコン


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日

HP:http://www.sisaudio.co.jp
Blog:http://sisaudio.blogspot.jp
Twitter:https://twitter.com/sisaudio
Facebook:http://on.fb.me/18mbrIf

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2018年1月12日金曜日

いま、EARの912が売れています!

エスアイエスでは、英国EARの管球式プリアンプ912を店頭に常設展示しております。約1年ほど展示しておりますが本当に素晴らしいプリアンプで、いま当店で一番売れているプリアンプになりました。

以前作成したブログに、「いかに912が凄いか」というテーマで追記をしています。ぜひご一読ください。

■EAR 912(MC/MM対応フォノイコライザー搭載、管球式プリアンプ)
 定価:1,980,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介ページはこちらから

▼MC/MM対応の高音質フォノイコライザーを内蔵しています。
単体のハイエンド・フォノイコライザーも真っ青の、極上のトーンです。
長年、著名スタジオやアーティストに使用され続けており、
プロも認める抜群の音質の良さです。CDも暖かみのある音で楽しめます。

▼先日は代理店からパワーアンプの509mk2を借りておりました。
ご予約いただけましたら、509mk2との最高の組み合わせでご試聴していただけます。

■EAR 509mk2(管球式モノラル・パワーアンプ)
 定価:1,890,000円(税別、ペア)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介ページはこちらから

912とベストマッチのモノラル・パワーアンプ、509mk2
透明度が高く力強いサウンドで、大型スピーカーもしっかりと
駆動できます。MAGICO Q3もご機嫌なサウンドで鳴らすことができます。

EAR912509mk2は、真空管ならではの暖かみのある音色と、現代ハイエンド・アンプならではの高解像度でワイドレンジな音質の良さを見事に両立させた、素晴らしいプリアンプとパワーアンプです。

このセットは長年にわたり売れ続けている超ロングセラー商品ですが、エスアイエスでもMAGICO Q3やその他最新のハイエンド・スピーカーと組み合わせてみても素晴らしい音楽を奏で、当店のお客様にも大変ご好評を頂いております。特に多機能で使いやすく音質も抜群のプリアンプ912を店頭に常設展示いたしております。

この912は、何といっても内蔵のフォノイコライザーが素晴らしいです。アナログをいい音で再生したいとお考えの方で、まだ良質なプリアンプをお持ちでない方にとって、912はベストな選択になります。

「いかに912が凄いか」

そしてフロントパネルにある入力用メーターが非常に便利です。これは入力された信号のゲインをそのまま表示し、プリアンプのボリュームとは連動していません。これがいかに重要かという事を、下記の2つの点からご説明させて頂きます。

まず第一に、フォノ入力に関してですが、このメーターを確認しながら0dBよりも大きく振り切る場合はゲインを下げたり、MCカートリッジに最適なインピーダンス・マッチングを取る事ができます。これを調整して初めてレコードは完璧な音楽を奏でます。これが調整できないフォノイコライザーでは、適当な設定のまま、本来の真価を発揮しないままレコードを聴いているようなものです。

しかもフォノイコライザーでインピーダンス・マッチングを変更できたとしても、ほとんどの製品はどこまで合っているかは音を聴いて聴感上で判断するしかありません。912ではメーター上で適正な昇圧が取れているかを目視で完全に確認する事ができます。この目視でゲインとインピーダンス・マッチングの調整ができるフォノイコライザーこそ「本物のフォノイコライザー」なのです。

そして第二に、CDやAUXなどフォノ以外のライン入力はフォノ入力のようにゲインの調整はできませんが、ライン入力のゲインが低い場合に0dBあたりでメーターが動かず低い位置でメーターが動いている時があり、入力された機器に何らかの問題があるという事が確認できます。これは非常に重要です。

よくあるのがCDプレーヤーやDAC、ネットワークプレーヤーなどにボリュームがついていたり、内部の出力のゲインを何段階かに設定する事ができる場合に、通常の0dBあたりのゲインになっていない事があります。それに気づく事ができ、912のメーターを見ながら出力が0dBになるよう機器側で最適な設定にして本来の性能を発揮させることができます。店頭での試聴の際もこの機能に助けられた事が何度もあります。

これは微妙にゲインが低い・高い場合には、感覚的にプリのボリュームを上げ下げして済ませてしまいますので、メーターがないと意外と気が付かないものです。時にはゲインが低すぎてメーターが全く触れていないような事もあります。これをボリュームを上げているだけで済ませている時があるかも知れないと思うとゾッとします。

これに気付いて0dBにきっちり合わせた時の音は、ゲインが微妙に低い・高い時の音とは全く違います。912がスタジオなどの現場で「非常に使い勝手が良い」、「信頼できるプリアンプ」と言われるのは、こういう事なのです。

912の凄さをお判りいただけましたでしょうか?上記の信頼できる機能と、音質の良さ、912の凄さは、実際に使いこなしてみて、聴いてみて初めてわかります。エスアイエスでは、この極上のアナログ・チューブ・プリアンプ912を店頭でいつでもご試聴していただけますので、まだ聴かれた事がない方はぜひ一度店頭にて実際に触って、聴いてみてください。

EAR 912509mk2のご試聴・ご購入は、お気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日

HP:http://www.sisaudio.co.jp
Blog:http://sisaudio.blogspot.jp
Twitter:https://twitter.com/sisaudio
Facebook:http://on.fb.me/18mbrIf
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

2018年1月11日木曜日

イベント情報 SFORZATO DSP-Vela、DSP-01を期間限定展示していました!

昨年末の12月中旬のバタバタの中、SFORZATO DSP-Vela+PMC-Cricinusと、最高モデルDSP-01+PMC-01をスフォルツァートからお借りして数日間店頭にてデモしておりました。

すでにデモを終了しており誠に申し訳ありませんが、実に素晴らしいネットワークプレーヤーとマスタークロックジェネレーターでした。ご試聴のご予約を頂けましたら個別にご試聴のスケジュールを組ませて頂きますので、お気軽にご相談ください。

※1/19(土)頃から、スフォルツァートのご厚意により、再度DSP-01&PMC-01を期間限定展示予定です!今度はしばらくの間お借りできるようですので、未体験の方はぜひこの機会にご試聴ください。

SFORZATO DSP-Vela(ネットワークプレーヤー)
 定価:1,500,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>メーカーの製品紹介はこちらから

2017年ステレオサウンド・グランプリを受賞した唯一のネットワーク
プレーヤーです。最新のDACチップ「ES9038Pro」を左右に1個ずつ
モノラルで使用しており、イキイキとした躍動感あふれるサウンドが魅力的です。

▼電源部は別筐体で、内部もアナログ用、デジタル用、CPU用、
USB用と全ての回路ごとに独立したトランスを搭載しています。
また、外部クロックの使用を前提とした前代未聞の”クロックレス仕様”という
全てにおいて究極的にこだわり抜いた超マニアックなネットワークプレーヤーです。


▼内部配線はAcoustic Revive製です。各パーツ、端子類も全て
最高級グレードの製品を使用しています。この写真に写っている
電源ケーブルはAcoustic Revive製の別売り品ですが、スフォルツァートが
デモ用に使用しているお薦め品ですので、別途ご注文が可能です。

SFORZATO PMC-Circinus(10MHzマスタークロックジェネレーター)
 定価:1,000,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>メーカーの製品紹介はこちらから

DSP-Velaとベストマッチするクロックが、このPMC-Circinus
(キルキナス)です。近傍位相ノイズは 1Hz において-120dBc/Hzと
他社製クロックを圧倒する驚異的な性能です。


▼BNCクロックケーブルは別売りですが、スフォルツァートがデモ用に
使用している業務用BNCクロックケーブルも音質が良いですので、
こちらも別途ご注文が可能です。詳しくは当店までご連絡ください。

SFORZATO DSP-01(ネットワークプレーヤー)
 定価:2,830,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>メーカーの製品紹介はこちらから

スフォルツァートの最高モデルDSP-01は、中身はDSP-Vela
ほぼ同じ(DACチップはDSP-Velaが最新×2個構成、DSP-01
一つ前×4個構成)でありながら、DSP-Velaとは次元の異なる
圧倒的な表現力を見せつけてくれました。

▼筐体の良さがこれほどまでに重要なのかと、改めて実感させられました。
涙腺を刺激するほどの感動的な音楽を聴かせてくれる、”ネットワーク
プレーヤーの最高峰”と言える傑作です。ちなみにDSP-VelaPMC-Circinus
筐体デザインはプロのデザイナーに依頼していますが、このDSP-01PMC-01
スフォルツァート代表・小俣氏によるデザインで、こういった大胆なデザインが
できるデザインセンスの良さも見逃せません。


SFORZATO PMC-01(10MHzマスタークロックジェネレーター)
 定価:2,500,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。

DSP-01とベストマッチの超弩級マスタークロックジェネレーターです。
キルキナスよりも高品位なクロック・ユニットを搭載しており、
クロックが最も重要と訴えるスフォルツァート渾身の最高峰モデルです。
DSP-01と同じく、アルミブロックからの削り出し筐体です。

▼試聴されたお客様からも、「プレーヤーも素晴らしかったですが、
このクロックが本当に音が良くて、素晴らしかったです。」と
言って頂きました。良質なクロックだけをお探しのお客様にも
お薦めさせて頂きたい、一聴の価値のある究極のクロックです。


SFORZATO DSP-VelaPMC-CircinusDSP-01PMC-01のご試聴・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日

HP:http://www.sisaudio.co.jp
Blog:http://sisaudio.blogspot.jp
Twitter:https://twitter.com/sisaudio
Facebook:http://on.fb.me/18mbrIf
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘